THINKING

設計+施行=建築事務所

安藤建築事務所は設計事務所ではありません。

設計事務所+施工=建築事務所としております。

やっていることは工務店と同じですが、設計が第一と考えているため
建築事務所としています。

また、施工に関しても最も信頼できる職人チームをつくり
一棟一棟最高のクオリティを求めるため、年間に建築できる棟数に限りがあります。

本来設計事務所は設計と施工管理のみとなり、施工は工務店に外注するのが一般的です。
しかし、それでは信頼できる職人の確保が難しく家自体のクオリティにばらつきが出ます。
他にも、施工中に設計変更や造作があった場合、設計事務所から工務店を通して
変更となるため、道のりが長くなり、余計な時間と出費がかかります。

この体制にすることにより工務店でかかるマージンも削減されるため、
お客様にも還元できるように配慮しています。。


安藤建築事務所が考える家づくり

私たちの家づくりはライフスタイルづくりといっても過言ではありません。
暮らしやすさや心地よさ、住んでいて楽しいと思えるような家づくりをしています。
そんな家づくりに欠かせない

・プランニング
・断熱気密性能
・本物の素材
・施工精度
の4つを大切にしています。

一棟一棟丁寧に時間をかけてお客様だけのプランを描きます。一般的なプランは描きません。
どんなに良いプランでもどんなに良いデザインでも快適でなければ意味がありません。
超高気密・超高断熱を標準仕様とし、北海道の省エネルギー基準を超える性能を有します。
床材には無垢のフローリングやタイルが標準仕様で、クッションフロアなどは使用しません。
外壁にはサイディングを使用せず、塗り壁か板張り、ガルバリウム鋼板などを使用し、
長期的にメンテナンスをしながら使える素材を標準としています。
スポーツでは心技体というものがあります。すべてのバランスが整って初めて最高のパフォーマンスとなります。
建築も一緒だと考えており、良いプランと良い素材、高い性能、そしてそれらを叶える
施工精度が必要不可欠と考えています。
安藤建築事務所では外から職人が入ってくることはありません。
職人を完全に固定して現場を進めることにより、性能のばらつきがなく
高い次元で家づくりができることをお約束いたします。
そして、性能で最も大切な断熱気密施工は職人ではなく事務所スタッフが行います。
断熱や気密は最も施工精度のばらつきが出る部分であり、あとあと見えなくなる場所だからこそ
私たちが責任を持って施工させていただきます。
安藤建築事務所の家づくりに興味を持っていただけましたらぜひ一度コンセプトモデルにお越しください。