NEWS / COLUMN
ブログ/コラム一覧
カテゴリ
  • ALL
  • NEWS
  • COLUMN
タグ
  • #NorthVillage
  • #アフター
  • #イベント
  • #ウッドデッキ
  • #エコ
  • #カーボンニュートラル
  • #キャンピングカー
  • #キャンプ
  • #グリーン化事業
  • #コスト
  • #テレビ
  • #トリプルガラス
  • #フレキシブル
  • #リノベーション
  • #ログ
  • #三坪
  • #三坪ハウス
  • #上棟
  • #予算
  • #働き方
  • #内覧会
  • #制震
  • #土地
  • #土地探し
  • #地球
  • #地鎮祭
  • #外構
  • #外気導入
  • #大崎キャンプ
  • #失敗談
  • #子ども
  • #子育て
  • #寿命
  • #小さな家
  • #屋久杉
  • #換気
  • #断熱施工
  • #断熱気密
  • #未来のために
  • #標準
  • #気密
  • #減税
  • #無垢材
  • #無垢板
  • #煙突
  • #環境
  • #田園風景
  • #着工
  • #知識
  • #第一種換気
  • #第三種換気
  • #薪ストーブ
  • #薪ストーブ エコ
  • #認定低炭素
  • #間取り
  • #高気密
  • #BBQ
  • 全てのタグを見る
LATEST WORKS
建築作品
next_btn
CAMP
大崎キャンプ
next_btn
土地が溢れてくる
COLUMN
2021/12/06

相変わらず、資材の高騰やウッドショック、納期遅れなど様々な分野で

建築に不利な状況が続いています。

ただ、こんな中でも今年はコロナ前の年よりも建築数が多そうとのことで、

おかしな状況が続いております。

様々な業者からいついつから〇%値上げだという話が後を絶ちません。

相変わらず材木も高いですし、このままだと家を建てられない状況になりかねません。

土地情報でも、建売予定地だったのが売りに出たり、建築条件が外れたりと

土地の雰囲気は変わりつつあります。

なんとなく、不動産会社からの情報も多くなってきたので、そのうち土地が

余り出すと値下げの余地が出てくるかもしれません。

それもこれもすべては建築費の高騰です。

建売住宅などは価格が上がってしまっては売れなくなってしまいますし、

一般的な住宅会社でも予算が合わなくなって当然です。

材木屋さんの話ではすでに見積もりの件数が減ってきている状態らしく、

来年の3月はかなりさみしい状況になるのではないかと予測しているようです。

また、値上がりは建築だけの話ではありません。

ガソリンや食料品含め、日常生活に関係のある物もとても値上がりしています。

さらにはボーナスカットや給料も上がらない。

こんな状況では普通の生活すらままならないです。

政治家は平気で賃上げ賃上げといいますが、はいそーですかと一般企業が

急に賃上げできるわけがありません。

僕がこんなことを言うのはおかしいかもしれませんが、住宅ローンも

かなり負担になると思います。

今家を建てるべきなのか、来年建てるのが良いのか、そもそも本当に建てた方が良いのか・・・

少なくとも、もしこれから家を建てることを考えるのであればランニングコスト

についてしっかりと把握して建てることです。

ランニングコストは電気代もそうですが、リフォームなどの維持の費用もです。

外壁材や屋根材の寿命はどのくらいでしょうか?

そもそもどんな素材を使えば寿命が長いのか、イニシャルコストはどうなのか、

実は家の最も大切なところはそこなような気がします。

どんなに良い家でも建ったあとに莫大な費用がかかれば

それは良い家といえるのか?

世の中のほとんどの会社が使っている素材だから安心とは言い切れません。

電気代もまだまだこれから上がります。

こういった状況が続くと、大声で家を建てましょうと言いづらくなります。

毎月の支払いで生活の質が落ちるようならそんな選択をしない方が良いです。

少なくとも、来年は土地の量が少しは増えると思います。

もしかしたら価格も少し下がるかもしれません。

しかし、それ以上に今後の動向を見極めながら家づくりを考える必要があるのではないかと思います。


POPULAR POST
人気記事