WORKS
建築作品

津幡町能瀬の閑静な住宅街に建つタテにつながる家
延べ床面積30坪に様々な要素を組み込んだ住宅。
スキップフロア・ボルダリング・ロフト・格子床・コアプラン
様々な要素をタテにつなぐことで一体的な住宅となった。
外壁にはウエスタンレッドシダーとホワイトのガルバを使用し、板の色味を最大限際立たせた。
様々な空間がタテにつながることで、家の中全体が明るいイメージとなるよう考慮した。
子どもも大人も楽しめる遊びと趣味の家となった。

タテにつながる家
DATA
所在地
津幡町能瀬
構造
木造・2階建て
延床面積
99.77㎡ 30坪
オーク
竣工
2020年
PICKUP POINT
POINT 01
コアプラン
浴室を家の中心に置くことで、空間の外周部分が拡がり、空気のまわり方をプランニングした。ユニットバスは暗くならないよう全面ガラス張りとした。
POINT 02
高台
高台に位置する敷地は町並みや木々の借景を望める。 キッチンも45°角度を変えることで、リビングも外も眺められる設計とした。
POINT 03
タテにつながる
吹き抜けを一列に並べることで、タテに空気を回している。 吹き抜けの延長上にはサンルーム、ファミリークロークが繋がり、湿気を滞らせないよう配慮した。
ANOTHER WORKS
ロの字の家
icon_arrow
三叉路の家
icon_arrow
フルリノベの家 ...
icon_arrow