WORKS
建築作品

川沿いに建つ平屋のような住宅。
正面側にはウエスタンレッドシダーのハンドスプリットと言われるハンドカットされた形状のものを採用。
欧米では屋根に使われる材料で、板張りの中でトップクラスの耐久性を誇る。ノーメンテナンスで半世紀でももつと言われている。
一階ですべての生活ができるよう、2階には子供部屋と趣味部屋のみ配置し、勾配天井でリビングと繋げた。
アカシアの床とレッドシダーの天井で合わせたナチュラルな色味の中に、アイアンの手すりが空間を引き締める役割を果たしている。

平屋のような家
DATA
所在地
野々市市
構造
木造・2階建て
延床面積
105.71㎡ 32坪
床材
アカシア
竣工
2018年
PICKUP POINT
POINT 01
手張り
外壁の板張りはシングル材と呼ばれる一枚一枚がばらばらの材で、色のバランスや、張り方によって個性があらわれる材料。職人の想いも外壁に表現される。
POINT 02
奥行き
上のつながりと奥行きを融合させると空間はより深くなる。隠すけど繋がっている、そんな設計で必要な物を繋げると空間は狭くならない。 TVの後ろはウォークスルーになっているが、トイレが隠されており、空間のつながりを保ちつつプライバシーを確保した。
ANOTHER WORKS
ロの字の家
icon_arrow
ラワン天井の家
icon_arrow
スキップフロアの...
icon_arrow