WORKS
建築作品

閑静な住宅街の中に建つアールの住宅。
大きな敷地を利用して、正面側はあえて閉鎖的に、後ろ側に視線を向けるように設計した。
設計当初から決まっていたダイニングの丸テーブルを意識し、内部と外部をアールの特徴的な壁で空間を繋げた。
アールの壁は内外共に板張りをしており、外部は耐久性に優れたウエスタンレッドシダーを、内部には吸音も兼ね、ホワイトファーパネリングを採用した。
ウォールナットの床とアンティークレンガによるクラシカルなデザインの中に、モダンを加え、普遍的なデザインとした。

アールの家
DATA
所在地
金沢市
構造
木造・2階建て
延べ床面積(ポーチ・駐輪含む)
125.72㎡  38坪
床材
ウォールナット
竣工
2019年
PICKUP POINT
POINT 01
空間を緩やかにつなぐアールの壁
内外共に見えるアールの壁は印象的な見た目だけではない。アールの先は玄関につながるが、リビングやキッチンの目線を遮りながら緩やかに空間を繋げる効果がある。
POINT 02
アンティークレンガ
アンティークレンガが空間のアクセントになり、重厚な雰囲気を演出する。長い歳月をかけ、さらに深みを増す素材は普遍的な美しさになる。
ANOTHER WORKS
アールの家
icon_arrow
ラワン天井の家
icon_arrow
三叉路の家
icon_arrow