WORKS
建築作品

変形した角地に建つ住宅。
敷地の斜めのラインを利用し、LDKを斜めに配置することで、敷地にデッドスペースを作らないように計画した。
LDKの真ん中にファミリークロークを箱型に配置することでただ広い空間ではなく、奥行きを感じられる設計とした。
階段をストリップ階段にすることで、LDKとのつながりも意識した。
箱は立体感を出すために天井をおさえ、スキップフロアとし、スキップフロアは書斎や遊び場として使うことができる。
2階は子供室のみとし、一階ですべての生活が完結するように計画した。
どこにいても、吹き抜けやスキップフロアと繋がり、二階との距離感をより近く感じさせるよう配慮した。

箱のある家
DATA
所在地
白山市
構造
木造・2階建て
延床面積
115.97㎡
オーク
竣工
2020年
PICKUP POINT
POINT 01
ウッドロングエコ
外壁のレッドシダーはウッドロングエコで塗装することにより、経年変化がほとんどおきないようになっている。
POINT 02
スリット
要所要所でスリットを配置し、箱を立体的に見せることで、一つの空間を遮ることなく混在させた。
ANOTHER WORKS
米杉の家
icon_arrow
廊下のある家
icon_arrow
箱のある家
icon_arrow